ピラティスにはどんな服装が最適?初心者向けにウェアの生地や素材・持ち物を解説!

ピラティス 服装FV

本ページはプロモーションが含まれています

「ピラティスの体験に申し込みたいけど、指定されてる”動きやすい服装”ってどんなの?」
「ピラティスウェアとヨガウェアって同じでもいい?」

ピラティスには決まった服装がないため、体験など初めてレッスンに通うときは恰好や持ち物に悩みますよね。

場違いの服装で行ってしまうと恥ずかしい思いをしかねません。

そこで今回はピラティスに最適な服装や持ち物をまとめました。

最近ではナイキやアディダス等のスポーツブランドだけでなく、ユニクロやGUなど身近なショップでも揃えられます。

ぜひ最後まで読んでピラティスの衣装に対する疑問を解消してください。

目次

ピラティスをおこなうときの服装は?

前提としてピラティスは、一般的に身体を動かすスポーツと動作や呼吸方法が異なります。

ピラティスの効果を最大限に発揮するためにも、女性・男性問わず下記のポイントを押さえた服装選びがおすすめです。

なお男性の場合は、上記に該当するメンズサイズのものを選びましょう。

薄手で伸縮性がある動きやすい生地

ピラティスは動きやすい服装なら、Tシャツにスウェットでも構いません。

動きやすさは下記のチェックポイントを中心に判断しましょう。

  • 関節をスムーズに曲げ伸ばしできるか
  • 体勢を前後左右に大きく動かせるか

とくにポリエステルやナイロン生地は伸縮性があるため、スポーツウェアとして最適です。

ただし生地が薄すぎるとウェアが伸びたときに下着が透けてしまう可能性があるので、生地の厚さには注意しましょう。

通気性や吸湿性に優れた素材

身体がマットに触れてもベタベタしたり不快感を感じないよう、通気性や吸湿性に優れた素材を選びましょう。

ナイロンは吸湿性が低いので、汗っかきの方は吸湿性に優れたポリエステル素材がおすすめです。

ピラティスは筋トレやランニングのように滝のような汗をかくことは少なく、身体の内側からじんわりと発汗するエクササイズです。

しかし個人差があるので代謝が良い・汗っかきの方は素材にもこだわり、より快適にピラティスをおこなってください。

ゆったりし過ぎず身体に程よくフィットするウェア

締め付けがキツすぎると呼吸を妨げる要因になるので、着用していても苦しくならない・快適に動けるフィット感のある服を選びましょう。

ピラティスは、身体の歪みや骨盤の位置・フォームなど身体のラインを観察することが多いエクササイズです。

「体にぴったりフィットした服は恥ずかしい」と思う方もいますが、最大限の効果を実感するためにも程よくフィットするものがおすすめ。

トップスの場合は腕の動きを邪魔しないTシャツやタンクトップ・キャミソールが一般的ですが、最近ではブラトップ型のウェアも人気です。

なおボトムスは丈が長過ぎたり太すぎたりすると動きの妨げになるので、裾の締まっているものを選ぶといいでしょう。

紐やボタン・ファスナーなど装飾のないシンプルなデザイン

装飾が気になると集中力も途切れてしまうので、紐やボタン・フード・ファスナーなど飾りのないウェアを選びましょう。

ピラティスはリハビリ目的で作られたエクササイズのため、仰向け・うつ伏せ・横向きなど寝ながらおこなうことが多いです。

装飾が付いていると動きの邪魔になり、正しいエクササイズができない場合があります。

またブラジャーもワイヤーやホックがあると動きの妨げになる恐れがあるので、スポーツタイプがおすすめです。

ピラティスのレッスンに必要なもの

スタジオなどでピラティスのレッスンを受ける際は、基本的に以下のものが必要になります。

スタジオによっては必要なものが追加される場合もあるので、入会の際に確認しましょう。

水分補給のドリンクは「水」がおすすめ

ピラティスでは、身体に吸収されやすく体内の老廃物を排出しやすい「水」の摂取がおすすめです。

胸式呼吸と動きで代謝が上がると体温も上昇し、汗をかきやすくなります。

レッスン途中で喉の渇きを感じたら、動きの変わるタイミングで水分補給をしましょう。

なおプロテインは水に比べて消化に時間がかかるので、レッスン後に飲むのがおすすめです。

またコーヒーや緑茶は利尿作用があるので、レッスン中の摂取はおすすめしません。

冬でも必需品!汗ふきタオル

代謝のいい人や汗っかきの方は、汗の量が増えるので季節を問わず汗拭きタオルを常備しましょう。

ピラティスは激しい動きをするエクササイズではないものの、1時間も続けると代謝が上がってじんわりと汗をかきます。

シャワールームを併設していないピラティススタジオもあるので、汗が気になる場合は汗拭きシートなどもあると便利です。

レッスン着や下着などの替え

レッスン中に着る服と、汗が気になる場合は替えの下着も持って行きましょう。

更衣室がないスタジオの場合は行き帰り共にレッスン着のままになるので、上にサッと羽織れるものや脱ぎ着しやすいワンピースを着ていくのがおすすめです。

また足裏に汗をかくと足元が滑りやすくなって転倒する危険性があるため、滑り止めのついたピラティスソックスやヨガソックスを履くのもいいでしょう。

5本指ソックスであれば素足と同じような状態で足先を動かせるので、ポーズのバランスも取りやすくなりますよ。

ピラティスマット(スタジオに用意がない場合)

自分でマットを用意する必要がある場合は、厚さ8mm以上のピラティス専用マットがおすすめです。
※ピラティススタジオでマットが用意されている場合、持って行く必要はありません。

ピラティスは寝転がったり背骨を押し付ける動作が多いため、薄すぎると身体に痛みを感じる場合があります。

厚みがありすぎるとヨガマットのようにクルクルと丸めて持ち歩けないので、マットを選ぶ際は厚みに注意しましょう。

ピラティスの服装に関してよくある質問

下記では、ピラティスの服装に関してよくある質問に答えます。

初心者だけでなく、女性ならではの疑問にも回答しているので確認しておきましょう。

Q.ヨガとピラティスの服装は違うの?

結論、ヨガとピラティスの服装(ウェア)選びの基準は変わりません。

どちらも身体をいろいろな方向に伸ばしたりひねることで、柔軟性を求められるエクササイズです。

ほどよく身体にフィットして、全身の動きを邪魔しない伸縮性があるものを選びましょう。

また繰り返しになるものの、じんわりと発汗するので吸湿性や速乾性のある素材が最適です。

Q.生理中のピラティスはどのような服装にすればいい?

生理中にピラティスをおこなう場合は、パンツラインが気にならないシームレスや厚みのあるレギンスがおすすめです。

黒や紺色など色味の濃いレギンス・パンツであれば、万が一経血が漏れてしまっても目立ちにくいので安心でしょう。

ただし生理中はむくみやすいので、締め付けの強いウェアは避けてください。
血行不良を引き起こして、生理痛が悪化する恐れがあります。

また身体を冷やさないためにレッグウォーマーやハラマキなどで体温調節をするのも大事です。

生理中の無理な運動は禁物なので、気分転換のために楽しむ程度で取り組んでください。

ピラティスの服装はユニクロやGU・しまむらでも揃う

ピラティスに最適な服装を選ぶときは、以下のポイントを押さえましょう。

  • 薄手で伸縮性のある動きやすい生地
  • 通気性や吸湿性に優れた素材
  • ゆったりし過ぎず程よく身体にフィットするウェア
  • 紐やボタン・ファスナーなど装飾のないシンプルなデザイン

冒頭でも記載した通り、最近ではユニクロやgu・しまむらなど身近なショップでも手頃な価格でピラティスウェアを揃えられます。

まずは安価なピラティスウェアのセットを選び、継続してボディラインの変化を実感していく上で好きなデザインの服をみてみるのがおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

著者

【保有資格】
アコムPSGA JAPANコンプリヘンシブ マスターインストラクター
IBMA認定ピラティスベーシック
IBMA認定ヨガベーシック
・コラーゲンスタジオ協会認定 マスターインストラクター
・アスリートフードマイスター初級
・美肌食マイスター初級

【その他】
・グループリフォーマープログラム監修

【プロフィール/経歴】
23歳で出産の後、フィットネスクラブでインストラクターの活動をはじめる。ヨガ、ピラティス、ストレッチ、セルフマッサージクラスなどの指導をして10年。現在はフリーのインストラクターとしてスタジオレッスン、パーソナルトレーニングの指導をメインに、PSGA JAPAN等の養成講師も務める。

目次